FX スワップポイント 売買差 比較

FX スワップポイント売買差 比較一覧

FX スワップポイント売買差 比較一覧

このページでは、実際に私が口座開設・取引したことのあるFX証券会社を中心に、
各会社のスワップポイントの売買差を一覧にして比較しています。

 

取引コストを抑えるためには、
スプレッド以外にスワップポイントの売買差も重要です。

 

特にポジションを中長期保有する取引スタイルの方は、
スワップポイントの売買差にも注目して、FX証券会社選びをすると良いと思います。

 

最新のスワップポイント売買差については、各FX証券会社のホームページをご確認下さい。

 

FX証券会社 ドル円
USD/JPY
ユーロ円
EUR/JPY
ポンド円
GBP/JPY
豪ドル円
AUD/JPY
NZドル円
NZD/JPY
ユーロドル
EUR/USD
DMM FX 0 0 0 0 0 0
外為ジャパン 0 1 0 0 0 0
SBI FXトレード 1 2 2 2 2 2
GMOクリック証券 FXネオ 1 2 2 3 3 2
ライブスター証券 3 0 3 3 2 4
みんなのFX 4 6 10 10 13 4
外為オンライン 5 5 5 5 5 5
アイネットFX 5 5 5 5 5 5
FXプライム byGMO 5 5 4 2 2 5
ヒロセ通商 LION FX 6 10 12 9 12 8.7
JFX MATRIX TRADER 6 10 12 9 12 11
FXブロードネット 6 6 9 4 7 3
マネーパートナーズ 10 2 10 10 10 10
シストレ24 11 10 15 18 17 13
アルパリジャパン 12 9 22 33 22 11
フォレックスドットコム 20 20 20 20 20 16

※1 スワップポイント売買差は変更になる可能性があります。
  最新のデータについては、各FX会社のサイトをご覧下さい。
※2 10万通貨単位

 

 

表の見方

 

FX証券会社の「売りスワップ - 買スワップ」のスプレッドを記載しています。

 

例えば、豪ドル円1万通貨で、売りスワップが80円、買いスワップが70円とします。
この場合、

 

80円 - 70円 = 10円

 

を表中に記載しています。

 

FXの場合は、売りポジションを保有することもあれば、買いポジションを保有することもあります。

 

中長期に渡ってポジションを保有する場合は、このスワップポイントの売買差を
取引コストとして支払うことになります。

 

少しでも取引コストを抑えるために、
スワップポイントの売買差が少ない会社を選びましょう!

 

 

オススメはDMM FX!

 

スワップポイントの売買差が一番少ないのがDMM FXです。

 

DMM FXは取引所取引(くりっく365)と同様の方式で提供しているため、
売りスワップと買いスワップの値が一緒になっています。

 

中長期に渡ってポジションを保有する取引スタイルの方は、DMM FXがオススメです!

 

DMM FXの詳細はこちら

FX スワップポイント売買差 比較一覧関連ページ

FX スワップポイント 比較一覧
FX証券会社を徹底比較!スワップポイント取引で人気の豪ドル円を中心に各業者のスワップポイントを一覧にして比較しています。FX証券会社を選ぶ際に参考にして下さい。
FX証券会社 通貨ペア 比較一覧
FX証券会社を徹底比較!各FX証券会社が取り扱っている通貨ペア数をを一覧にして比較しています。マイナー通貨ペアの取引をしたい方は必見です。
FX証券会社 初回入金額 比較一覧
FX証券会社を徹底比較!各FX証券会社の初回入金額を一覧にして比較しています。初回入金額が気になる方は、この一覧を参考にして下さい。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 初心者講座 FX証券会社一覧 お問い合わせ